中尾歯科医院HPはこちら

2019年2月11日月曜日

MacPro(Late2013) に AngelShark Carrier Bord と SAMSUNG NVMe SSD 960 EVO M.2 をインストール

そう、かれこれ2013年に購入したMacPro。
3Ghz 8-Core Intel Xeon E5プロセッサ、AMD FirePro D700 6144が発する暴力的なパワーは現在でも通用する。

しかし、内蔵のSSDストレージの速度、容量不足は如何ともしがたい。

amfeltec社のAngelShark Carrier Bordを激安入手してからはや数ヶ月...。

これでは只の宝の持ち腐れ...。

SSDストレージも段々と安くなってきたので、SAMSUNG NVMe SSD 960 EVO M.2を2枚購入。

*当改造で、Appleの補償は受けられなくなります。
あくまでも自己責任でお願いいたします

さて、それでは、インストール準備。

パッケージを開封して驚いた。
マニュアル無しww


ココで基本データ、マニュアルをゲッツ。

以下、HPのGoogle翻訳

  • Mac ProLater 2013)シリンダーの内側にあります
  • SSDモジュールへのx4 PCI Express Gen3接続
  • 最大2つのM.2 PCI Express SSDモジュールをサポート
  • あらゆるM.2 PCI Expressモジュール(M.2 Mキー)をサポート
  • M.2モジュールサイズ22602280、および22110をサポート
  • PCIe Specification 3.0に準拠
  • M.2仕様1.1に準拠
M.2 SSDモジュール用のAngelShark Carrier board™は、 AngelShark Carrier Boards™ファミリの最初の製品です。 キャリアボードは、Mac ProLate 2013)ユーザー向けに設計されており、出荷時にインストールされたオリジナルのSSDを維持しながら、最大2 M.2 PCI Express SSDモジュールを追加することで内部ストレージ容量を大幅に増加できます。
キャリアボードは、MacとオリジナルのSSDモジュールの間にあります。 標準の長さ22602280、または22110M.2 PCI ExpressMキー)SSDモジュールをサポートしています。
キャリアボードは、各M.2回路でx 4 PCI Express Gen 3接続をサポートし、PCI Express Specification 3.0およびM.2 Specification 1.1に準拠しています。

  • 簡単なプラグアンドプレイインストール
  • PCI Express Specification 3.0Gen3)に準拠
  • M.2仕様1.1に準拠
  • 最大2台のM.2 PCI Express SSDモジュールを接続可能
  • Mac ProLate 2013)シリンダーの内側にあります
  • 運転状態を表示するLED
  • RoHS対応
ダウンロード
標準パッケージに含まれるもの
  • AngelSharkキャリアボード
  • キャリアボード取り付け用のビットセット付きドライバー
  • 電源スタンドオフ(2+追加1個)
  • パワーネジ(2+追加2
  • 取付ねじ(6本+追加2本)
  • 両方のM.2 SSDモジュール用のヒートシンク
  • オリジナルSSDモジュール用ヒートシンク
部品番号
  • SKU-088-01 M.2 SSDモジュール用AngelSharkキャリアボードM.2 Mキー)


んでは早速インストール。
ブツを準備。

静電気は金属で逃がし、診療用のゴム手袋、マスクを装着して作業します。
貴重で高価な品々なので、細心の注意を払いましょう。

壊れたら泣ける。

そんな生優しいレベルではありません!!

とか言っておきながら...。
緊張感ゼロの写真です...。

もともとのSSDを外す。

ミニ四駆の箱の仕切りが便利。

SSDを増設する。
960EVOは左右のスロットに設置。


ボードをMacProに固定します。

この時、中心のApple純正黒ビス、右上2本のネジで留めます。
先に右上から締め始め、最後に3カ所、ちょっとづつ締めるとグーです。


強い力で押し込まない様にしてネジ止め。
基板が柔らかいので注意!!


Macの純正SSDを真ん中に装着。

ちなみに...。


「SSDは絶対に、斜めに抜き差ししない」

が基本です!!



「カチッ」

と、嵌まるまでしっかりと優しく挿入しましょう!!!


ヒートシンクをつけて完成。
追加する2本のSSD用のものは、ネジ止めが3カ所。

熱伝導テープが貼ってあるので忘れずに剥離紙を剥がしましょう。
ボードを固定する時の要領で、
慎重に締めましょう。


散々脅かしていますが...。

ちょー簡単。
68K Macを弄り倒していた頃を思い出しました。

配線して再起動、OSはSierra、バスは認識しているが、SSDを認識しない...。
メーカーにQ&Aメールしてみる。

High Sierra以上じゃないとNVMe SSDは認識しないよ。

嗚呼

このMacはHPの編集したりするので、iWebが動かないと困る
ググると動くらしい。

早速アップデート。

iWebの動作を確認。

そして...。

キター

サクッとフォーマット

データー整理でどんどんコピーしていく。
マヂでブチ速い!!!

ボードの詳細は以下で。
https://applech2.com/archives/20180313-angelshark-carrier-board-for-mac-pro-2013.html


ボトルネックな部分はありますが、そこまでスピード出なくても、私の環境では十分。

何で増設?

ビデオ編集出来る環境が欲しかったんです。
新しくPCを買うよりも安く仕上がり、大満足。

安くってきているので、かなりオススメです!!

2018年10月9日火曜日

GXRピントフード革張り 破損から補強へ

過去のブログです。
2017年2月11日

GXRの皮がみっともないので、張り替えする。
兄貴が革をくれました。

張り替え前の勇姿

形態修正開始
重合収縮がイヤなので、CRを使う。

助手が充塡

助手が充塡

指に合わせる

ドンドン合わせる

チェレンコフ光。

1本半使用、使用期限切れ。

エルゴノミクスデザイン

Rotary Power

歯科用回転切削器具で整形。

概形の削り出し

わりとキツめ

CRって充塡すると隙間が出来る。
口腔内だと???

ビゾはもっときつい方が安定する。

右手側を補強すると、フレーム左側にヒビ

溝掘ってファイバーを埋め込む

チェレンコフ光。

強度が足りないので、セロテープでダムを作り、レジンを流し込む。

フレームの補強

かなりデカイ

かなり強固に

プロが激写

ヒンジ部分の強度アップが必要なので、セロテープでダムを作り、即重レジンを流し込む。

嗚呼、スタイラスペンが折れた...。

脱力
残った部分を削り取る。

またまたセロテープでダムを作り、レジンを流し込む。

盛り上げ完了

ガッチリ、ガッチガチ

概形の削り出し

概形の削り出し

わかりにくいけど、鏡面仕上げにした。

離れた所にある面は、完全な平面になるように作成。

左手ポジションの抉りも、勿論鏡面仕上げ。
ブチ気持ちがエエ。

クリアランスの調整

クリアランスの調整

クリアランスの調整

フレームが太くなり、無骨な印象に。

広島の兄貴の工房へ。
糊乾き待ち。

プロによる革貼り。

ドンドン貼る。

ドンドン貼る。

もうすぐ完了

アンティーク仕上げ

イイ感じ

渋い

完成

色合いが素晴らしい。

兄貴のGXRと比較

ブチ渋い

色合いサイコー

革の合わせ目が目立つので修正

貫壁

手触りブチ気持ちエエ

継ぎ目の無い革で貼って居るのはブチ気持ちエエ。
流石、プロ。

折れたのでファイバー埋め込み。

ハンドストラップの革が緩んでいたので、縫う。
何だか悩み中。

これで完成。

革の色合いが素晴らしい。

ブログをサボっていました。
最近はFB等でアップ出来るのでなかなか...。

マメに書かなきゃダメですね。

私のGXRは、コレでイイかなと。
しかし、ピントフードがだんだんヤレて来ました。
まだまだ手入れして使います!!