中尾歯科医院HPはこちら

2015年2月16日月曜日

iPhone3GS用バッテリー&ヘッドホンアンプ ゴーダップ(黒) GD-03(B) 購入 本体バッテリー交換

完全なオワコンである、3GS。
でも眠らせておくには勿体ない

で、外部バッテリーとヘッドホンアンプが一体となった製品が3000円だったので、購入してみた。

パッケージの妖しさが抜群。
あ〜
やっちまったなぁw

本当にイイ音がするのか?
正直、かなり不安にさせてくれる。

3GSにはpodditiesのストラップ金具がついているので、撤去する。

ピッタリと収まる。

私的にはminiプラグが残念。

スイッチの造形はスキ。

ドライブ能力はやや低い感じがします。

でも、You TubeのHDとかは結構逝ける。

安いSENNHEISERでもまあまあ。

ロータリーサウンドに酔いしれたり。

アンプは中高音を中心にチューニングをしてあるそうです。
予想通りですが、全く別物で鳴ります。
初めは??
でしたが、鳴らし込むにつれて嫌みがなくなり、情報量も増え、低位もハッキリ。
かなり楽しめます。
ま、結局、ソースの録音状態に左右されるのは、古今東西のオーディオと同じ。
余っている3GSが有効活用されるならオッケーかも。
ゲーム等も全然違います。


暫く使用してみると、本体バッテリーが死んでいて、駆動時間が非常に短い。

以前、4Sのバッテリーも交換していました。
安いし、メチャクチャ簡単!

3GSも交換用バッテリーは安いので、自分で交換する。


まずは液晶パネルを吸盤で外す。
ホームボタン側から行う。

いきなり外れるので注意。

おお〜

アレ?
何で指紋がベットリ?
キモくてやる気をなくす。

配線を数字の順に外す。

ココのシールを剥がすと、修理保証が効かなくなる。
どうせオワコンなので、躊躇わずに剥がす。

下に隠しネジがある。

マザーボード用のネジを外す。

SIMカードを外す。

マザーボードを外し、古いバッテリーを撤去。
かなり強固についているので、気合いが必要。

バッテリーの撤去完了。

新しいバッテリーを設置したら、カメラユニットを外す。

マザーボードに装着した状態。
机の上に置いてある金属パーツは無くさないように。

マザーを戻して、しっかりとネジ止め。
この後は、数字の逆順にコネクターを嵌めていきます。

ひとまず起動実験。

バッチグーです!


不良品のバッテリーだと、再起動を繰り返したりするそうですよ。
私のはそういう事も無くラッキーでした。

バッテリー交換自体は簡単な部類なので、チャレンジしてみて下さい。


3GSは4Sよりもめんどくさいです。










Anker iPad キーボードカバー 改造

私の持って居るiPadはレチナ、巷では3と言うらしい。
いままでずっとApple純正の風呂の蓋を使っていましたが、マグネットを取り付けている革が破れ、表面も剥がれて...。
もう、ボロボロ。

思い切って剥がしてみた。

かなり痛い...。
何かに使えるか??

今考えて居るのは...秘密です!

と、言う事で、以前から欲しかった外付けキーボードを探します。


まずは柳井市のデオデオ。


アレ?


「取り扱い」が無い...。


じゃあ、広島の本店へ、ココでもww


どうやら、流通在庫しか無いようで〜


オワコンじゃん!


Amazonにあったので、コレをゲット。

写真は掲載サイトより。
いあ、コレがね、意外にカッコええ。

本体の充電はマイクロUSB

薄型デザイン

コレは底面

マグネットでひっつく。
純正の風呂の蓋と全く同じ。

メタルスタンドがついてる。
角度は調整出来ない。

他に底面に貼る透明のゴム脚シール付き。

サイズはiPadと同じ。

スタンドを起立させたところ。
後でとんでもない事が発覚する。

実売価格が3000円を切っていたので、即ゲット。
いやはや、パッケージがw
チープ!

でもね、セットすると〜
コレがカッコええし、以外に使い易いんですよ。

設定はiPadのBTをONにし、キーボードの電源をON、iPadにペアリング用の4桁の数字が表示されるので、キーボードから入力するだけ。
使い終わったら電源を切るようにするとイイ。
何故なら、iPadでキーボードを使いたい時に電源を入れると、自動で繋がります。
電池も持つし。

(オッサン映り込む)

かなり、イイんですよ、コレが。

でもね...。

何がダメかと言うと...。
上の製品写真をよく見て頂きたい。
そう、設置はiPadを「溝に嵌めるだけ」なんですよ。

膝上で使えない!!

ロックされないと不安で仕方が無い。
ソファーで使っていてもタイピングでiPadがグラグラ...。

このままでは使えないので、改造しちゃいます。

ここからはいつものように、本体を分解、加工(破壊)してしまいます。
当然、メーカー保証は受けられなくなります。
失敗する事が怖い、オリジナルが超お気に入りな方は参考にされない事をオススメいたします。
真似て失敗されても、当方は一切責任を負いません。
自己責任でよろしくお願い致します。

ジャンクと化した純正の風呂の蓋からマグネットを切り離します。
加工には外科手術用の替刃メスを使います。
後で悲劇が...。

革を切り、マグネットを取り出します。
もう、スパッとね。

本体は6本のネジを外し、アルミの筺体から外していきます。
キーボードは両面テープで固定されているだけですが、無理にやるとキーが壊れるので、慎重に。

分解したら、ひっくり返し、グルグル回したりしてプランをウダウダと練ります。
スイッチのフレキが邪魔なので、外しておきます。
iPadを固定する?爪が別パーツで付いているので、ニッパーで撤去。

写真を見て貰えば分かるとおり、チープですww

写真を撮影出来ませんでした。
何故って?
指を切ってしまいました。
結構出血するので、とりあえずセロテープで止血

本体のプラスチック(塩ビ?)は柔らかいので、サクサク進められます。
まずは表側のiPad設置用の溝で、キーボード側の隅っこ(爪のパーツがある方)を切ります。
爪のパーツの間だけ切ると、マグネットの細い棒が入れられるようになります。
裏面から見ると、爪パーツを支える出っ張りがあるのでカット。

蝶番部分が入る幅が足りないので拡大。
マグネットをはめ込んだところ。

表側から見るとこんな感じ。
ここまで切らなくても十分です。

ココで問題なのは、キーボード表面の高さを超えないようにすること。
現物合わせで切って下さい。
ツライチにしないと、液晶画面に当たります。

うまくいくと...。
iPadを近づけるだけで、「パチン!」とマグネットがひっつきます!!
何度も遊んで、じゃない、テストしましょう。

マグネットで固定されるので、落ちません。

動作ムービー
地味にイイ

ほぼ真横に開いてもマグネットは外れません。

上の写真から、キーボードを液晶側にひっくり返しぶら下げても外れません。
キーボード裏にAppleマークを貼りました。

ただ単に嵌めてあるだけなので、マグネットは外れます。
でも、普通に使う分には大丈夫。

マグネットが横向きなので、縦位置は無理かなと思ったら、マグネットとキーボードの間に入り込み、強く固定出来ました!!
ラッキー。

こーやって膝上で使うのが結構イイ感じ。

超薄型軽量なノートパソコンと言った感じ。
某M社のサーフェスはこんな感じなのかな?
打鍵感はフンワリ(ヘナヘナ)なで、まぁ、価格相応
「剛性感」が欲しいなら、分解した時にキーボード固定用の両面テープを、裏面の全面に貼って、圧着してしまえばイイと思います。
私は分解出来なくなるとイヤなので、追加しませんでした。

今回は簡単な改造でしたが、実用度が格段に上がる、素晴らしい内容でした。

メスには血痕が...。


軽くて落ちなければ、そのまま使い方が自由なノートパソコンになる。
別にコレでもイイかも。
注意! iPad3はすでにオワコンです。


使い方次第では古くても現役ですね!