中尾歯科医院HPはこちら

2014年4月30日水曜日

Super-Takumar 1:4.5/20 1:2/55、ASAHI PENTAX S2 と SV

4月27日は名古屋でセミナーに参加。
セレック」についてのお勉強。
翌月曜日は「トップカメラ」にて、中古のSuper-Takumar 1:4.5/20を安くゲット。

安かった理由はご覧の通り、レンズ外周のバルサム切れ。

レンズ内にゴミ、レンズのキズ、クモリ、コーティング剥がれはありません。

レンズの外観も綺麗


しかし、鏡胴のカバーのネジが緩んでスカスカww

グルグル回ります。
あとでキッチリ締めましょう。

レンズ構成図


山口へ帰る前に、味噌カツ


赤味噌ラガー


これが、でらうんみゃあ(ブチ旨い)!!

味噌カツはご飯が進む。
ビールは濃厚!

本数限定でコレをお土産に。

結構重い...。
手が痛くなります。


帰りに「カメランド」さんへ寄り、名古屋のお土産を〜

ソースは重いので、「わらびういろう」。
いやはや、コレも絶品

んで、レンズに合わせたボディが欲しくて、物色。

壊れた黒S2、黒SVがあり、お土産のお礼にと、頂いてしまいました!!
有り難う御座います。


黒S2

黒SV

ボディには凄まじい汚れ、シャッター不動。

完全なジャンク
院内のインテリア

折角だし、お礼と言ってはナンですが、以下の2物件を購入させて頂きました。


Super-Takumar 1:2/55アトムレンズ。

レンズ銘が一部オレンジで塗られ、f2と言う非常にレアなレンズ。
後玉に凄まじいカビw
もともとS2につけて売られており、輸出用のS1aとのセットでも売られていたようです。
1967年のカメラ総合カタログには、¥11.500と載っているらしい。
後のSMCよりも遙かに造りがイイ。
レア過ぎてあまり情報がありません。

そして、

1:3.5 24mm専用角フード。
実は、20mmと口径が同じなんです。
使用感バリバリ。

しかし、購入したものも激安ジャンク...。

すいません、いつもこう言う物件ばかり買って...。


カメランドを出た後は、山口市内へ。

車の中で子供達がカメラを弄る〜
手が汚れるww
まあ、免疫がつくかと...。

家に帰り、ボディの汚れをウエットティッシュで...。

落ちない!!
兎に角、ゴシゴシ!!
擦りまくる!!
何十年と言う年月でついてしまった垢を落とします。

なんとか落ちて黒光り。

銀はあっても黒はなかなか見ません。
2台同時黒ゲットなんて、こういうチャンスは滅多に無い。
(コレばっかw)

それではお待ちかね?

のギャラリー
製造の古い順で

S2について。

Kの後継機種、廉価版。
初期型はシャッターが1/500まで。
後期型で1/1000となる。













シャッター不動、なんとも悲しい...。

巻き上げてシャッターを押しても、幕が最後まで動かず、ミラーが降りない...。
裏蓋開けて、よく見ると、先幕が最後まで動かない状態だったので、爪を引っ掛けて動かしてやると、シャッター幕が動いて、ミラーが降りた!

よっしゃ〜


低速シャッターからどんどん動かす。

徐々に動くようになっている。
高速シャッターもだんだんと動くように〜

調子に乗って、リハビリを続けると...。

動くようになりました!
パチパチ!



子供達に頼んで、どんどんリハビリ。
しかし、飽きちゃって、DVDを見たいとww

しかし、巻き上げていくと、下の写真のように、後幕上のリボンが切れているか、外れているようです。

嗚呼...。



SVについて。

アサヒペンタックスS3の後継機。
シリーズで初めてセルフタイマーが搭載された。
名称にある"V"はドイツ語でセルフタイマーを意味する"Voraufwerk"より由来する。
また新たに裏蓋の開放によってリセットされる初の「自動復元式フィルムカウンター」が搭載された。
更にファインダースクリーンの視認性も向上された他ミラーボックスの全面的改良、部品の高品質化などが施され、見えない点でより使いやすい製品となった。
これによって内蔵TTL露出計が搭載されていない以外は、ほぼ現代のカメラの最低基準を満たすこととなる。
次はSPになるので、このデザインはこの機種が最後になる。

S2でシャッターの動きがかなり分かったので、コイツもリハビリしてみる。

すると、ミラーが降りた!!

嬉しい!

神の降臨
やっと覗けたファインダーはS2よりも綺麗
恐らく、ずーっとミラーが上がったままだったからでしょう。
しかし、何度動かしてみても、後幕が出てきません...。
完全にリボンが切れているようです。

残念。




















2台とも古いPENTAX黒ボディ独特のヤレ方がステキです。

S2の方が若干、塗装のヤレが少ないです。
デザインはAPの延長線にあり、クラシック。

でも、この感じでデジカメだったら...。

とてもイイと思う。

ま、電池を使わないカメラなので、何十年経っていても動く訳で...。

2台とも修理して子々孫々に伝えたい。
S2は子供達に渡して、シャッターのリハビリをやってもらっています。
構造が簡単らしいので、自分で直すのもアリですね。

レアな黒いボディー2台とレンズ2本のご紹介でした。


名古屋では美味しい料理、お酒、そしてすばらしい人との出会いがあり、7月(またか!)にも行くのでとても楽しみです。



当方の所有するPENTAXのM42マウントボディーは、全て黒になりました。


パンケーキ魚眼もかなりステキです。

年代順にPENTAX M42黒ボディーを並べ、6x7と645を追加。


黒SPについてはこちら

皮剥がれ修理についてはこちら
黒SPギャラリーはこちら
HONEYWELLはこちら
SV(銀)についてはこちら





0 件のコメント:

コメントを投稿