中尾歯科医院HPはこちら

2014年7月30日水曜日

GXR カスタムグリップ 完成

ご存じの通り、私のGXRは、グリップの両面テープがベロンベロンになり、先日からオリジナルグリップを作成しています。
くわしくはこちら
一応の完成はこちら
本体への完全固定はこちら
本革張りはこちら

「一応、完成」って思ったんですが、なんか気に入らない...。


そう、隙間があるんですよ。

いつも通り、レジンを使用して改造します。


このブログを見て作業されるのは構いませんが、真似して貴方の大事なGXRが壊れてしまっても、当方は一切責任を負いません。
改造は自己責任でよろしくお願い致します。


はい、養生します。

きっちりやりましょう。

で、早速盛り上げる。

レジンの硬化熱で痛い〜

では、形態修正。


皺が鮮明に刻印されます。


形態修正、研磨。

こんな感じに仕上がります。

では、ギャラリー。

面と面の繋がりには、角を立て、メリハリのある造形とした。

エッジは鋭い仕上げに。

かなりホールドが良くなりました。


しかし、ここで、ハタと気が付いた。
カメラ下にグリップがあるので、下面は平坦にしなくてもイイじゃん


と、言う事で、盛り上げる。


はい、もう、小指の先まで覆ってみました。


かなり大きくなりました。


小指の付け根はこんな感じ。


かなり安定してグリップ出来ます。


嗚呼、毒ですね。


ストラップをするとこうなります。


アレ?
飛び出し過ぎて、左手で構えられないww


と、言う事で、また養生。


厳重にね。


まずは小指のホールドを変更。
腹のサポートを浅くして、軽く握っただけで安定するようにする。

熱くて痛い。

小指の付け根も改良していく。


最終形態を想定しながらレジンを更に盛り上げる。

完全硬化を待ちます。

形態修正、研磨完了。


あれだけ拘った小指の腹は、左手グリップで当たってしまうので、大幅にカット。


何とも言えない不思議な三次元造形。


エッジを効かせたデザインは継承。


エッジはかなり鋭く仕上げ。


小指部分は曲と直の線で構成。


ストラップを付けると、ディテールは殆ど見えません。


左手グリップ。


GXRをアクの強いカメラに換えてしまいました。




何回も追加修正したお陰で、満足のいく仕上がりになりました。
それぞれの加工はたいした時間が掛かっていませんが、トータルではかなり掛かってしまいました。

これが本当に理想の形なのかは分かりませんが、ひとまず完成といたします。


これまでの製作過程はこちら

一応の完成はこちら
本体への完全固定はこちら
本革張りはこちら



0 件のコメント:

コメントを投稿