中尾歯科医院HPはこちら

2014年8月8日金曜日

6x7ピントフードの欠点を解消する。

非常に液晶が見やすくなったGXR。
ベリグーなんですが、一つ欠点。
DIRECT、OPEN/↓ボタンが押せなくなってしまう。

Fn2ボタンにホワイトバランスを登録していましたが、DIRECTボタンの機能そのものを登録することが出来ない。


そこらへんにあったスタイラスペンでボタンを押してみる。
使えるじゃん。

ストロボも出てくる。

コレをファインダーマウントへ固定できると便利。


と言う事で、ホルダーを作ります。

まずは養生。

レジンで埋める。


形態修正

真中あたりはデザインでえぐってみた。
取り外しは結構キツイ。
デザインに凝るなら、この時やらなきゃ良かった...。

ここらへんに埋めたい。


ホルダーを仕上げ研磨し接合面に維持溝を掘る、マウントを深さ2ミリで溝を掘る。

最初はスチールバーを使い、四方から同じ深さのガイドを堀り、周囲も等間隔で溝を掘ります。
最後に繋げ、後は刃に直線部分のあるカーバイドバーで仕上げします。
くり抜くと後が面倒なので、キッチリと掘ります。
ホルダーは塗装しないので、マウントの塗装部分は出来るだけ剥がさず、大きさをピッタリ揃えます。

レジンを流し、完全硬化を待つ。


はい、完成。

何故かきつくなってしまい、ここいらあたりまでしか刺せなくなってしまいました。
どうやらレジンの重合収縮により、ホルダーが変形したらしい。
デザインに凝るなら、埋め込んだ後にすれば良かった...。


付いてると何かと便利?


こうやってスイッチを押します。


ASAHI PENTAX GXR スタイラスペンとホルダー付きの完成。


もう、何が何だかよく分からないカメラになりましたww


雰囲気は中判カメラ?


6x7ピントフード

製作編はこちら
修理、塗装はこちら

革張り完成はこちら










山口県 柳井市 患者さん主体の診療 セレック いい入れ歯 歯周治療 無痛治療

0 件のコメント:

コメントを投稿