中尾歯科医院HPはこちら

2015年1月17日土曜日

懐中時計 OMEGA 改造品 バングル コバ磨き 尾錠、風防交換

職業柄、腕時計は普段から装着していません。
(◯◯指輪も...)
お出かけ、セミナーには腕時計をして出かけます。
でも、普段から気軽に時間を確認したいと思い、懐中時計を購入しました。


両面ガラス、機械の動きが見えて楽しめます。

ムーブメントは中国製のようです。
時、分の針はあんな形なんだから、夜光塗料を塗ってくれれば...。

両面ガラスなので、見映えはイイです。
しかし、メッキ、切削、彫り、全てが安い...。
ま、玩具みたいな...。


妻のも来ました。
私の倍する...。
女性はブレスレット、腕時計はTPOに合わせて選択されますよね。
しかし、何も身につけないと言う選択もアリ。
懐中時計はそういう悩みも解消してくれます。

針、文字盤は夜光なので便利。
背面がシースルーです。

子供達は機械式の時計を見た事がないので、「カチカチ言ってる!ネジ?!」と言って逆に新鮮に感じる様です。

現代は殆どがクォーツ式ですから...。

こんなふうにして、携帯電話につけました。


いつの間にか止まっている。

手巻きの懐中時計はそんなもの。
ネジを巻くのも使って行く上で楽しみな行為。

あれ?
動かんww

1ヶ月経たないうちにぶっ壊れw
中華はやはり...。


と、言う事で、誕生日のご褒美を探す。

条件は
1,懐中時計
2,手巻き
3,バックスケルトンで無ければ2重フタ付き
4,銀、金を使って居なくてもオッケー
5,クロノグラフ、カレンダー無し
6,中古でもイイ
7,デザインがシンプル

探してみると...。
意外に無いw

安い新品はすぐにぶっ壊れるので、ビンテージで探す。

ありました。

オメガ1936年製の懐中時計の中身を、腕時計のケースに入れた改造品。
文字盤がシンプルでケースデザインがイイ。
文字のフォント、配列もステキ。
ベルトは本革新品で、押しのクロコ。
盤面の文字等は全て彫りで、非常に凝ってます。
現代のオメガではお目にかかれないデザイン。


(写真は購入したオークションページより転載)
















もう、ブチカッコええです。
革ベルトのチョイスも絶妙。

バックスケルトン

17石、スモールセコンド、スピードコントローラー付き。

以前兄貴に作ってもらったバングルがクロコだったのを思い出し、装着してみた。

偶然にもベルト幅が同じだったのでラッキー。

オメガのバンドについて調べると、昔のモデルにはワニの押し皮(クロコ)が標準だったそうですね。
実際、金属バンドのモデルをクロコに交換するのも流行っているようです。


尾錠側のベルトを一度外し、バングルに通して装着します。


装着するとこんな感じ。
重厚感200%増加します。


穴がチョッピリ小さい。

でも、コレは打ち抜いてあるので、綺麗な真円なんですよね。
兄貴の工房では最大の大きさ。

縫い目の間に500円玉が丁度収まるサイズなので、鉛筆でマーキング。

外科用替刃メス15番を使ってくり抜きます。
下にリン酸亜鉛セメント用のガラス練板を使用。


いとも簡単に。

流石、外科用メスはキレ味が最高

真円になるように修正、革用のオイルを塗りながら棒でシバキます。



大きさは結構イイ感じです。
もう少し大きくしたいけど、縫い目ギリギリ。

500円がピッタリ。


いつでもどこでも革をシバキます。


だんだん良くなって来ました。


所謂、コバ磨きってヤツです。

ゴシゴシ楽しいなぁ〜
穴だけでなく、バングル周囲も仕上げ。
かなりツルツルになってきました。

ちょっとした時間でもシバキ。

日々の鍛錬が実を結び、なかなかの仕上がり。

バングルの表面も磨いた。


ムーブメントを見る時に、ベルトを抜いて、こうやって眺めるのが悦な時。




実際の装着具合。

バングルのお陰でピッタリフィット。


バングルの革は新品ではないため、表面が軽くつや消しで、溝の部分が艶あり。
純正ベルトとは仕上がりがちょっと違うので、良いアクセントになっています。


(実は、ぶつけて風防に亀裂が...。)


アンティークですが、今流行のバングル装着によって更に高級感が出たと思います。

現代のオメガには無いシックな文字盤と、ケースのデザイン(オリジナルでは無いと思いますが...)が大スキ。
懐中時計を腕時計にしているので、大柄なのも気に入って居ます。
ケース周囲の盛り上がりがバングルの概形とマッチ、革も仕上げが近く、奇跡的な調和。

機械式って言うのが気に入って居る。

シチズンのエコドライブは電池切れを気にしなくていいんですが、袖の下に隠れてしまうと発電されない気がして...。
袖から無理矢理時計を出したりしています。
電池はすぐにみてる事は無いのですが...。

手巻きだとそう言う心配が無いので、精神衛生上気分が楽。

手巻きの時計ってのは、日内変動が分単位であるものですが、その「曖昧さ」が時間に追われる現代人にとってちょっとした「息抜き」だと思い、今回の購入に至りました。


しかし、このオメガは、かなり正確
素晴らしい!!


定期的にメンテナンスして、一生使いたい。




太陽光発電、フルオート、カレンダー付きのシチズンと。


シチズンの腕時計、ベルト、バングルについて、くわしくはこちら



実は、大変な事が起きまして...。
風防にヒビが...。
弄くり回してたら、ベゼルと風防が外れてしまいました。
しかも、風防は割れて>泣

ベゼルを戻してプラ板でフタをし、割れた風防を仮止めして、柳井市の石田時計店へ。
洩れなく入院となりました。

しゃーないので、外したバングルのコバ磨きを行なって、寂しさを癒やします。
コバ磨きをインターネットで調べると、色々やり方があるんですね。
ひとまず、棒でシバキは基本のようです。

歯科用ユーティリティーワックスをコバに。
溶融点が低く粘り気があります。
歯科での用途は様々ですが、ココでは割愛いたします。

チョッピリ塗って〜
ひらすらシバキ。

コレだけで、こんな仕上がりに!

革専用の仕上げ用オイルを塗ります。
所謂靴墨ですね。

軽く全体を棒でシバキ、後は指で擦って磨きます。

コバ磨きは奥が深くて楽しめます。
オススメ!!

perfectに近くお気に入りなんですが、一つ気になるのが尾錠

ビクトリノクス?
ロゴが非常に気になります。 
スイス製の本革ベルトだからでしょう。
某オクで安く買った新品!立体!オメガマーク(何かネームがあるのかな?)の尾錠に交換します。
穴に入れる爪は尺取り虫とか言われているらしい。

実は、ベルト幅20mm、オメガの尾錠は18
mm...。
入るはずは無いので、歯科用プライヤーでグイグイ広げる!!

この尾錠デザインはクラシックタイプで、現行品は只の彫りです。
この時計に似合うのは...勿論、クラシックタイプですよね!

オークションでは、結構高値で取引されている様ですが〜
ただ単に広げてみた。

なんともキツイ。
さらに広げて、革が通るようにしました。
やっぱ純正オメガはカッコええ。

革の圧迫がちょっとキツイ。
コバをメスで切って細めにするか??
いぁいぁ、勿体ない。
尾錠をもうちょっと広げてみた。
ぴったり20mmにし、緩やかなS字を描くようにした。

違和感なく、美しい仕上がり。

ちょっと幅が狭いので、革は多少圧迫される。

あとは時計の退院を待つだけです!!

手持ち無沙汰なので、革を弄ります。

革にクセをつけます。

んで、修理から帰って来ました。

ガラスにするか悩みました。
衝撃に弱くなるのが欠点。
サファイアガラスは特注になり、かなりのお値段が...。

で、既製品のプラスチック風防へ交換しました。
キズが付いても磨けるし、ショックも吸収する。
懐中時計用の風防なので、厚く、弯曲が大きい。
厚い風防は弱いレンズ効果があり、文字盤が少し大きく見えます。
上の写真と見比べると違いが分かるかも。
更にクラシック感が高まりました。



結構前方に張り出しています。
分厚さもクラシック感があってイイ。
(購入時のシュッとした感じも捨てがたいけど)
富士山がバックだと、めでたい感じ。

現代のマシンと一緒に。
さて、このカメラ、後何年使えるかな??

「時計とは、自分に帰属するもではなく、その次の世代のためにあるもので、現在は自分が一時預かっているにすぎない。」
Patek Philippe

(パティック・フィリップは高くて買えないw)

機械式時計は整備すればまだあと100年でも使えます。
自分の子供が使ってくれるととても嬉しい。
古い時計ですが、大切に使います。


文字盤をよ〜く見ていたら...。
指紋がww
どこでつけた?
あの事故の時か〜
非常に残念です。

しゃーないので、ベゼルを外し、文字盤を磨きます。
以前の失敗はしませんよ!!

iPhoneだとうまく写らないのが残念。
締まりのある黒になりました。

折角なので記念撮影。

文字盤の大きさが結構違います。

最近の話では、某R社の殆ど現存しないプレミアモデルを某有名人が装着、アレやコレやで人気が出てしまい、リダンされた偽物(某国で作られているらしい粗悪品)が高値で出回ったり...。
何かと改造品には昔からキナ臭い話題が付きもの。
もともとアンティーク品ってそんなものだと言う話も...。
しかし、わざわざそうやって消費者を騙し、悪徳商法を行う人も沢山居るので注意です。

また、リダンと言っても最近では、本来の言葉の意味を超え、現状復帰どころか何やら別物に進化した個体も存在しています。
良い意味で、リダン=リフォーム??
正真正銘の本物、精密、正確無比、オリジナルなオメガ等は、是非新品をお買い求め頂けますよう、よろしくお願い致します。

私は分相応な価格で購入しておりますし、一部の超高級なオメガではありません。
あくまでもアンティーク品です。
全く同じモノが手に入る訳でもありません。
個人の趣味、自己満足であることをご理解頂けますようよろしくお願いいたします。

更にコバ磨きをします。
歯科用回転切削器具を使い、金属研磨用シリコンポイントで均一になっていない革の表面を揃えます。


その後、アクリルレジン研磨用のバフを使って、コバを磨きます。

まだ細かい所に凹凸があるので、前述のユーテリティワックスを塗り、シバキ棒で擦る。

最後は指で擦って研磨。

iPhoneだとよく解りませんが、指で仕上げすると革が光ります。

妻はこう言う仕上げの革が大スキらしい。

オメガのベルト、光沢があるので、交換した。











山口県 柳井市 患者さん主体の診療 セレック いい入れ歯 歯周治療 無痛治療

0 件のコメント:

コメントを投稿