中尾歯科医院HPはこちら

2015年11月22日日曜日

PYCCAP (Russar) MP-2 5,6/20 Zorki 2C

*文字が大小ちぐはぐですが、Bloggerのバグです。

先日、東京でセミナー参加。
土曜日、仕事が終わってから東京入り。
地下鉄で浅草まで。
右も左も分からないww

駅員さんに
「JRに乗れ!中野まで行って乗り換え!」
訳が分からず言われるまま東京駅を俳諧。
飛び込んだ列車のつり革握り、正面におられた初老の紳士に、
「このカメラ何ですか??」
変態GXRの妖気に気がつかれ、意気投合、カメラ話に花が咲く。
浅草の途中まで送って頂きました。

ありがとうございました。

浅草のカメラ屋と言えば、そう、早田カメララボ!
変態GXRのシステムをプレゼン。
なんと、ピントフードマウンターの製作依頼が!


ピントフードマウンターについてはこちら

兄貴製作ストラップ付きM5も好評。
予備で持って行ったストラップ、お買い上げ頂き、弟の私も嬉しい。
珍品しか持って行かなかったのは正解。
重かったけどね。
常連さん達にも非常に良くして頂き、楽しい時間を過ごさせて頂きました。

日曜のセミナー修了後、FaceBookのお友達と合流し、銀座の中古カメラ屋めぐり。
どこの店でも変態GXRのファインダーシステムは注目の的でした。

カツミ堂さんにて、黒エルマー、Niccaのフィルター発見!!


黒エルマー用シリーズフィルター
枠が純正のアルミ、落とし込みでミツワのフィルター

ニッカ用フィルター
カメランドにあれば...。

流石は東京、物量が違う!

お友達の珍品も見せて頂き、ソレを肴で呑む。
いや〜ステキな時間でした!!

HEXANON AR 57mm f1.2がアトムレンズだと判明!!
写りがエエからな〜

お土産の獺祭も喜んで頂き、嬉しい。

月曜日は銀座のRICOHへ!

所長さんにファインダーシステムを見て頂きました。
真の意味でRICOH、PENTAXの合併カメラに感動されておられました。
「システムをRICOHへ持って行きたい!」
と言う願望も叶える事が出来、大満足。

銀座イチオシの物量を誇ると言われる、憧れのレモン社にも行き、
「見るだけ見るだけ」
と思っていると...。
FaceBookのお友達と神がかり的な再会!!

またまたパトロールへ!
とても楽しい時を過ごさせて頂きました、ありがとうございました。

パトロール先では、貴重なパチモンピストル付きC型、改造ライカピストル付きIIfも好評。
二丁拳銃じゃあ、即刻逮捕ですから。

ライカのゼンマイドライブもあり...。
思わず...。
嗚呼、マズイ!

猛毒です!!!

東京のお宝は、ジャンク生活な私には目玉の飛び出るお宝ばかりでしたが...。

そんな目に毒なパトロールを続けると〜
スキヤカメラさんにコレが!!

ロシアの恐るべき超広角レンズ、ルサールである。

ルサールの解説はこちら

何がスゴイかは、リンク先を見てね。

兄貴が銀玉を持っていて、絞るとアンギュロンにも肉薄する写り。
クッソ軽くて作りの甘いレンズだけど...。
座頭市バルナックとかに付けるとね、そりゃ、カッコエエんすよ。

こう言うふうに使うために生まれたレンズです。>嘘

純正組み合わせ
パンダゾルキ2C (Zorki 2C)
完全な黒塗りにしない所が、制作者のそこはかとないセンスを感じる。

残念ながらファインダーが入らないw
そこが悪阻露西亜
彫り文字は赤で塗る、このセンスがステキ

赤キリルインダスター付きで¥4000。
セルフタイマーが壊れているジャンクとのことでしたが、動作ボタンを押したら動きました。
シャッターは全速切れている様です。

現在、Lomography社よりNew Russar+が発売中。
鏡胴が真鍮になり、作りが良くなっているらしい。
でもね、ファインダーが無い

くわしくはこちら

ゲット品は、94年製黒玉、ケース、ファインダー、キャップ!付きのフルセット、美品。
ヤフオクでも最近見ないですね。
距離はメートルってのもポイント。
縮緬チックな塗装が呑める。

帰りの新幹線で嬉しげに装着してみる。
フード無し

フィルター口径が49ミリなので、フードコレクションの中から、オリンパスの金属丸ラッパをチョイス。

24ミリ用
生憎、どのレンズ用だったとか、全く興味なし

深くてイイ
このフード肉厚なんだよね

黒ボディー、アベノンと

ルサールは後玉が飛び出しているので、M5に装着しても、フィルムを絶対に巻き上げてはいけません!!
露出計が壊れます。
M3に装着しましょう。
CLも禁忌です。

その点ではアベノンの方が安心して使えます。
ファインダーは安いキャノンで十分、カッコエエんよ。

アベノンも相当エエけど〜
(またブログアップします)

2台についているストラップは、兄貴製作のモノ

変態GXRに装着してみると収まり感が抜群

もはやデジカメには見えない
ピントフードをつけているのでファインダーを落とす心配が全くないのがグー!

ルサールはピント合わせが殆ど不要なくらいシャープなので、ピントフードを畳んで、専用ファインダーを覗いてガンガンスナップするのが正解。
液晶モニターの存在を感じないと、写真が自由になる。
ブレたりしてもそれはなかなに面白い。
写真を撮ることの楽しさが垣間見える、イイ組み合わせ。

新型Russar+も気になりますね!!

子供達への土産
銀座のとあるお店

流行のアレ

子供には操作がちょっと難しいかも。
パトロールやらせるだけでも十分遊べます。









0 件のコメント:

コメントを投稿