中尾歯科医院HPはこちら

2013年8月27日火曜日

STAEBLE-CHORO 1:3,5/38(Braun, Paxete用)

色々調べましたが、資料が少ない。
分かる範囲内で。

1950年代頃、ドイツのBraun社(Carl Braun Camerawerk)により製造された、Paxette用の交換レンズである。

なお、このレンズは低グレード廉価版として発売された。
調べてみると、Staeble社っていう会社のレンズらしい。

以下は私の聖書である、「世界ヴィンテージ・カメラ大全」より、要約。

Braun社は1906年ニュルンベルクで創業、当初は双眼鏡部品、ラジオの部品を製造していたようである。
カメラを作り始めたのは、第二次大戦後の事で、1950年代は6x9cm判のスプリングカメラ、ノルカ(Norca)シリーズと、35mm判コンパクトカメラのパクセッテ(Paxette)シリーズを展開、1950年代半ばには、高級機のスーパー・パクセッテ(Super Paxette)を投入。
1950年代の終わりには当時流行したレンズシャッター式一眼レフ、パクセッテ・フレックス(Paxette Refrex)を数機種発売。

さて、カメラ本体の写真を色々検索

Paxette Cassar 1:2.8/45
コンパクト、シンメトリーで美しいデザイン。

Super Paxette STAEBLE-KATA 1:2.8/45
色々なメーカーからレンズが供給されているようですね(下記参照)。

コレがスゴイ!!
超マニアな方。
機材が多すぎです。
恐らく、フルコンプリートと思われますが、レンズメーカー各社から、相当数の交換レンズが供給されていたようです。

(何種類とか不明)
私のレンズは右端下から2番目と思われる。
専用フードがついているような気がする。
機材リスト
多いので小さく。
下線付きは社外のレンズメーカーによるもの。
Super Paxette II
Super Paxette IIB
Super Paxette IIBL
Cheap tripod
Steinheil Munchen viewfinder 35,38,85,90,135
Braun zoom finder 35,38,45,50,85,90,135
Metraphot 3 meter
Cable release
Braun 38mm finder
Strap pin
Enna-Werk Munchen Tele-Ennalyt 1:3.5 f=135mm
Roeschlein-Kreuznach Telenar 1:5.6/135mm
Steinheil Munchen Quinar 1:3.5/85mm
Staeble-Telexon 1:5.6/85mm
Staeble-Telon 1:5.6/85mm
Steinheil-Munchen Quinon 1:2/50mm
Schneider-Kreuznach Xenar 1:2.8/50mm
Pointikar 1:2.8/45mm
Staeble-Kata 1:2.8/45
Staeble-Choro 1:3.5/38(私のレンズ)
Staeble-Lineogon 1:3.5/35



専用フードの記述はどこに?
全く分かりませんww
非常に高性能なシステムだったようです。
ボディは持っていないので、詳しい説明は割愛。

STABELE-CHORO 1:3,5/38
ステーブル・チョロって読むのかな?
アルミ鏡胴のレンズ、非常に軽い。
黒い絞りリングが先端にあり、絞り値刻印のあるピントリングを回すと一緒に動きます。
非常に使いづらいww

絞り羽根は10枚、真円絞り、非常に綺麗。
レンズは傷、クモリ無し、わずかなホコリありですが、状態は良好。

レンズ構成は3郡3枚のトリプレット!!
コーティングされているかどうかは不明。
僅かなブルーの色付きがあります。

マイナーメーカーのレンズで、生産台数もそんなに多くないと思われ、情報が非常に少ないです。

パンケーキレンズです!
この厚さは、Summaronよりも薄いと思います。
ピントリングは、ほぼ1週しちゃいます〜
で、ピント合わせが超絶シビアww
失敗作を沢山作ってしまいます。
ライカの距離計には非連動。
近接距離は1mなので、もうちょっと寄れると嬉しい。

マウントはライカマウントL39と同じ直径とピッチ。
後玉の出っ張りがスゴイ、無限遠。

最大繰り出ししてもこの出っ張り。

マウントがL39なので、このままIIfにも装着出来ます。
いや〜
かっこエエですな〜
でも、フランジバックが44mmなので、撮影は出来ませんw
残念!

で、このマウントアダプターを使います。
仕上げの状態から、純正品なのではないかと思われ、レンズよりも入手が困難らしいです。
ちなみに、レンズは数千円から売っていて、激安です。
このアダプターがあれば、上記の下線を引いたレンズが使えてしまうと言う、超恐ろしい事に!!!

このアダプターを使うと、Lマウントレンズがマクロレンズに!!
当然、距離計非連動なので、ライカでは使えません。

それでは、GXRで試写です。
まだ試しの状態なので、癖がつかみ切れていません。
近接1mって全然寄れないので、自作マクロアダプターをレンズ、マウントにそれぞれ1枚づつ挟みます。

うちの子を撮るときはどうしても近くなりがち。 
ピントは非常に分かりにくく、撮影が難しい。
解像度は高くないですが、色乗りはステキです。
黒はベタッと潰れ、肌のディテールは殆ど再現されていません。
周辺が非常に甘く、色のにじみ、ハレがありますね。
フルサイズだと周辺光量が低下しているかも。 

マクロアダプター付きの無限遠。
蛍光灯の光でもこんなに被る。
一見シャープな結像ですが、ソフトなので、女性のポートレートに向くと思います。
f3.5ですが、意外に被写界深度が浅めで、数センチしかありません。
後ボケは自然で、ゆるめ。


屋外で撮影、絞り開放。
マクロアダプターを入れているので、20センチくらい。
距離が離れると面白いボケになりますね。
右端に車が写っていますが、普通のボケです。
ボケを生かすには背景の距離をよく考えないとダメですね。

近接撮影で背景が均一な平面の場合。


ものスゴイグルグル。
こういったシチュエーションはかなり限定されますが、面白い効果ですね。

レンズ構成はトリプッレットで、凄まじいグルグルボケに脳天直撃。
ホワイトバランスは暴れないので意外と優秀なレンズ。
1950年代なので、かなり古く、ほとんど見掛けません。
お手軽なじゃじゃ馬レンズですね。
こういうレンズが楽しく使えるのも、GXRのお陰です。

マウントアダプターが非常に使えます。
ライカ用のマクロアダプターは非常にレアなので、撮影の幅がぐんと広がります。
しかも、上に挙げた下線付きのレア玉が使えてしまう!!!
嗚呼!!

マイクロフォーサイズのボディにも当然付けられますが、アダプターが無いので、皆様苦労されているようです。
私はマウント付きでしたので、非常にラッキーでした。

沢山撮影してまたアップします。

追加!!

非常にピントの幅が狭い!

ボケが面白い!

あ、割り込みされた!

ピントが合った時が気持ちイイ!
やっぱ、トリプレットはエエわ〜
しかも38mm!!
激安!!
もう、文句の付けようが無い。

マウント変換こちら
フード改造こちら



0 件のコメント:

コメントを投稿