中尾歯科医院HPはこちら

2013年11月28日木曜日

Canon 35mm f1.5 の描写を検討する

レンタル、修理、爆走中のこのレンズ、肝心の写りはどうなんでしょう?
Leicaのズミルックスと比較すると??
すいません、持ってないので解りません。

Lマウントで35mmでは最大の明るさを持ちます。
撮影した感想は、かなりの暴れ玉。

機材は、毎度おなじみ、レンズチェッカーのGXR。
絞りは全て開放。
屋外は1/4000となっております。

長女の誕生日
屋内でf1.5は非常にありがたい。
ピントは目茶苦茶浅い。
コマ収差がありますね。 


 シャドーはぎりぎり潰れない。


 ふわっと柔らかなボケ。


髪の毛は適度に潰れるのが好きなので、こういう描写も面白い。 


立体感もなかなか気持ちがイイ。

某すし屋
やはり、こういう距離感がエエですね。 
非常に気持ちの良い結像、しかし、柔らかい。

屋外はグルグルが連発!
しかも凄まじいフレア!
もう、解説は不要と思いますので、思う存分楽しんで下さい。
ブランコは置きピンなので、ピントがアレです。







もう、ため息が出るグルグル具合。
惚れるわ〜


ピント面のデティールはどうか?

被写界深度が浅いので、非常に難しい。
色は濃いめで、私は好きです。




いかがでしたでしょうか?
昔のCanonはソフトな結像の中に、浅く儚いシャープな結像をしますね。
50mmとはちょっと違いますが、傾向は非常に似ていると思います。

やはり、世界遺産級のお宝レンズです。
50mm f1.2よりもレアなので、中古市場は赤丸急上昇ちう。
見つけたら即ゲットの物件です。
すみやかに保護しましょう!

そろそろレンタル期間も終わりなので、ブログをアップ。
私も欲しい1本。


レンズについてはこちら
分解整備はこちら




0 件のコメント:

コメントを投稿