中尾歯科医院HPはこちら

2014年2月22日土曜日

大森 60φ 油温計 三連メーターフード埋め込み

納車時より装着してあった、電圧、水温、油温の三連メーター。



何度も外して...。

油温、水温のセンサーが壊れていて、正常に動作しない。
未使用の油温計(ジャンク)に新品センサーと中古センサー付きをネットで安く購入出来たので、修理、改造(6/7/2013を行う。

「改造」とか言ってますが、あんまり大したことはやっていません。

早速到着〜

プロに水温計センサーを交換して貰います。
あちいので空冷。

交換中。
コッチは中古センサー。

こちらは52φ。
右下は新品ですが、ガラス割れ。
左は中古、動作未確認品。

こっちもジャンク。
60φのピークホールド付き。

新品センサーと新品配線。

動作チェック。
センサーを交換した水温計(真中)の動作は正常になりましたが、センサー交換をしていない、油温(右)はダメ。

なんと、60φの油温計は、ちゃんと動きます!!
スイッチ動作もオッケー。

んで、早速、油温計の組換えを検討。
まずは新品の割れたヤツ。
う〜ん...。

動作した60φがあるので、なんとか、コイツを生かす方法を考える。

かなりサイズが違う...。

う〜ん、こりゃ〜
下手こくと穴開きますな。

歯科用電動切削器具を用い、穴を現物合わせで拡大していきます。
かなり大きくしました。

大分入るようになりましたが、まだまだ。
この隙間をなんとかしたい。
左側をかなり削らないと...。

まだまだ

入りました!

この日差しがあるとカッコエエので、なんとか加工して取り付けます。

ま、こんな感じかな〜

取付けが緩いので、治具を使って固定していく。
この状態から、更に合わせていきます。

はい、完成です。
意外に大きさが気にならない。
遠近感が誇張されているような...?

動作確認!
カッチョエエです。

非常に簡単加工でした。
油温のセンサーも交換が必要ですが、どうせなので、アルミ製のオイルブロックを入れて、油圧計も入れたいと思っています。
その際、電圧計は除去になります。
このメーターフードは一見カーボンに見えますが、ABS樹脂(プラスチック)の塗装(偽物)で、こんな簡単に加工が出来るのです。
ダッシュボード上に固定しなきゃイカンのですが、配線を通す穴を開けていないので、装着加工が出来ません。
オイルブロックと穴開け、どちらかからやらないと...。

あ!

油圧計も買わなきゃ〜

0 件のコメント:

コメントを投稿