中尾歯科医院HPはこちら

2013年9月18日水曜日

Canon 50mm f1.2の絞りリング位置調整

Canon 50mm f1.2、面白いレンズですね〜
毎日?
弄っています。

ピント面以外のボケ方がスゴイ。
全てドロドロ。

それはソレで非常に楽しいのですが、絞り指標が明らかにズレまくり。

買ってから全く気がつかなかったという、恐ろしい無関心ぶり。
コレはいけない、修理します。
もう、完全に逸脱ww
しょうがないので分解。

向かって

左側、絞りのクリックストップ
右側、絞りレバーと絞りリングの連動
右側の連動部品が曲がっていますw
ゴリラが使っていたのか?

分解には精密ドライバーが必要で....。

近くのナフコで買って来ました!

160円!
磁化処理はされていないので、冷蔵庫に貼ってあるマグネットを使い、自前処理。

ねじ曲がった連動金具をなんとかしないと、きちんと合いません。


連動金具の変形を歯科用プライヤーで修正。
結構堅い。
レバーを押さえるところも隙間を最適化します。

グイグイやって真っ直ぐにします。


クリックストップの位置を合わせて〜

がっちり固定!
どうです?
変形した金具も、結構まっすぐになってるでしょ?


開放をきちんと合わせても、f22がイマイチ...。

どうせ開放でしか使わないので、これで良し!!

簡単な工具でメンテナンス出来るなんて、やっぱ銘玉!
また、このレンズが好きになりました。



レンズの概要こちら
くもり取り整備こちら
描写の検証こちら




0 件のコメント:

コメントを投稿