中尾歯科医院HPはこちら

2013年9月11日水曜日

STAEBLE-CHORO 1:3,5/38 フード改造

非常に写りの楽しい、STAEBLE-CHORO 1:3,5/38、トリプレット玉。
シンプルなレンズ構成から生み出される、ソフトでまったりとした描写。
フランジバックがLマウントと同じなら、サイコーでしたが〜

STAEBLEの純正品として、専用フードの設定がありました。

しかし、無い!
eBayで一つ見つけましたが、輸入するとなると、5000円は軽く超えます。

9000円で買ったレンズなので、そこまでコストは掛けたくありません。

で、いつものカメランドで、ジャンクフード(食べ物じゃありません)を漁る〜

ありした!
TSUBASA 34
???
アルミ製?

メーカー不明w
被せ式。

500円!!

被せ式なので、絞り値の赤点が隠れてしまうのが残念。
TUBASA 34の下、切り欠きに合わせると、大体オッケー。

フードの長さがレンズ本体よりも長い。
グーです。

GXRにつけると、何だか偉そうな感じ。
んでも絞りにクリックストップが無いので、点があった方が使い易い。

ハレ切り効果が非常に高そうです。
かなり奥目になりますね。

初めは色を塗ろうかと思いましたが、すぐ禿げるので却下。
ならば、穴を開けてしまえ!
マーキングします。

一つ開けました。
アルミかと思っていたら、真鍮でした。
レンズにはもう1個赤点があるので、もう一回穴を開けます。
マーキングします。

はい、2個開きました。

早速装着!

バッチリ!!

反対側
もう、まるで、純正品のような仕上がり!!
ホンマか?

ちなみに....。
f3.5にしてありますが、よーく見ると赤点がずれています。
もともとこんな感じなので、気にしない。
これでフードを付けっぱなしに出来ます。
いとも簡単に加工出来、仕上がりも綺麗で、大満足!!

しかし、このフード、素性がワカランw

レンズについてこちら
マウント変換こちら



0 件のコメント:

コメントを投稿