中尾歯科医院HPはこちら

2013年7月8日月曜日

Canon 35mm f3.5 角フード

Canon VIシリーズのレアな角形フード。
鏡面仕上げ。
もう、メチャクチャかっこイイです。


ちなみに、磨いたりしていません。
買ってそのままです。


VTのフル装備でこんな感じです。
一番正しい使い方ですね。


もの凄い存在感。


横も鏡面仕上げ、あ、写ってないけど下の面もね。
よく見ると、上面と下面では、ラッパ状に開いた角度が違います。
ファインダーからの「見え」を優先して作ってあるんですね。


ファインダーの視界を妨げないように、切り欠きがあります。


このフードのスゴイ所は、中にフィルターを仕込む事が出来る事。
専用なので、入手が...。


35ミリ枠でのファインダーの見えはこんな感じ。
iPhoneで撮ってみました。


Canonのスゴイ所は、ライカのようにファインダー内に「枠」があるわけではなく、画角自体を切り替え出来ます。
この感動は実物をご覧になるのが一番です。


なので、本当はビューファインダーが不要です。
装備しなくても、この威圧感!
全然シンプルにならないところが、恐ろしい。


GXRではこんな感じ。
変態度合いは相変わらず。
Canonの35ミリは、イヤな「癖」の無い、素直な写りをします。


変態角フード対決。
この勝負、甲乙付けがたい!!


M3だと、さらに極悪な〜


ホント、スゴイフードです。
M3でファインダー覗いても、見事な見えです。

私はf2.8に装着しています。
当然ながら、別に何も支障はありません。
ハレ切りに有効だと思います。
見つけたら、即ゲットですよ!!











山口県 柳井市 患者さん主体の診療 セレック いい入れ歯 歯周治療 無痛治療

0 件のコメント:

コメントを投稿