中尾歯科医院HPはこちら

2013年7月8日月曜日

Nooky について、PENTAXへの装着

ヌーキー難しいわ〜
エルマーでの描写と、何が違う?
実は極端には変わらない。
ピントはしっかりとしているので、解り易い。
ボケが意外にも崩れん。
流石は銘レンズの誉高く、佇まいは変態の極み、侘び寂びも身につけた逸品。



しかし、露出は接写になるので、どうしても1段くらいアンダーになる。
現在は中央重点測光。
スポットにすると、エルマーでの測光結果と同じになるかもしれない。
f3.5ってのは、ちと室内は苦しいが、使っていて非常に楽しいレンズです。
エルマーが∞から1m。
ヌーキーが1mから45cm。
レンズの入れ替えが必要だが、1m付近の描写に殆ど差がないので、写真だけを見ていると、一眼レフで被写体に寄って写しただけに見える。
ごく普通だけど、レンジファインダーで、60年位前のバルナックの時に、実現しちゃっているんだよね。
ライカってのはスゴイメーカーだわ。
ヌーキーでの近接撮影は、失敗作の連発です。
難しい。

これからは、ちょっと変態な画像。
マネすると痛い目に合います。
何故かは....。


完全なマクロレンズです。


まさに、何でもアリな世界ww


外れなく.....。
もう、滝汗ww


診療用のゴム手袋で簡単に外せました。
いや〜良かった。
何事も後悔する前にゴムは用意しないとね。





0 件のコメント:

コメントを投稿